マジックアワーから抜けられない

あっちにいったりこっちにいったり、ブレブレの社会人記録。

どんぴしゃり感覚の不思議

欲しいものがぱっと思いつくときがある。

だいぶ前に「欲しいなー」と思ったことがあるものが多い。

欲しかったのは靴。マーチンのちょっとゴツめの茶色系の靴。

 

どこで買おうかなー。吉祥寺まで行こうかと思いつつ、まずは下北沢へ。古着屋を巡って、「これだ!」というどんぴしゃの靴があった。

 

問題はサイズ。

ちょっと大きめかなぁ、と思って試着をお願いしたら、どんぴしゃのサイズ。きつくもなくゆるくもなく。店員さんとの会話もはずむ。

服屋では、声をかけるのは苦手で嫌いだけど、試着するときの会話は好き。どこに住んでるとか、いつ入荷したとか、いろいろ話せる。人見知りなのに、それは平気。もっというと、普段は仕事場でもプライベートでも無口で、声が小さいけれど、仕事や役割で「人と話す」状況下に置かれると、自分でも驚くほど話せる。ただ、その「話せる」という基準は、「普通の人」の「当たり前」なのかもしれないけれど。自分にとってはそれが精一杯。

 

今日の不調は、買い物に転化することができたかな。靴とシャツ2枚とパンツ1着。買いすぎたかもしれないけれど、全部気に入ったものだからすごく満足している。

 

靴、明日から履こう。

f:id:g11mb106:20180904200447j:image