マジックアワーから抜けられない

あっちにいったりこっちにいったり、ブレブレの社会人記録。

旅の終わりは喫茶店で

小旅行が終わった。帰りはロマンスカーでゆるりと贅沢に過ごし、新宿でフィルムを現像に出し、喫茶店に入る。

 

なんて贅沢なんだろう。

今回の旅行で、ひとつ自分の中で「なぜ本に関わる仕事がしたいのか」という理由を語ることができるようになった。

 

「インストール」がきっかけだったなんて。

趣味って、いつのまにか好きになってて、「きっかけ」を思い出すことってなかなか難しい。自分の場合は「映画」の方が「本」より好きだと思っていたけれども、実は「映画」を通して「本」の魅力に気づいて、救われた。という経験に基づいているものだった。

 

現実しか見えない時もあるし、将来が全く見えなくて苦しい時もある。でも、本を読めばそこには「解」があったり、それに導くきっかけが書いてあったり、現実から少しだけ逃避させ、楽しませてくれるものがあるんだよ。大丈夫だよ。ということを伝えたいと思ったのです。それは、「本」出なくても、Web媒体でも可能なことで、むしろそちらの方が主流になっているけれども、「本」という物質がさらにその人を助ける「拠り所」となる物として、とても貴重で、尊い物なのではないかと考えているのです。

 

自分の考えを少しづつ明確にできている気がする。

f:id:g11mb106:20180903150755j:image